腰痛の治療


深治堂鍼灸院では、腰痛でお越しになる患者さんが最も多いです。

足の痛み、しびれであっても腰が原因となっている方を含めると、7割が腰痛の患者様です。

次いで頭痛、首肩の痛みの方が多いです。

 

ひとくくりに腰痛といっても、その痛みの場所や、どの動きによって痛むのかによってさまざまです。腰痛に限りませんが、治療の前に問診と運動検査によってどの筋肉が主として原因なのかを判断します。鍼で治るものか、治らないものかも判断します。

 

鍼によって改善される腰痛はその特徴により何種類かに分類され、それぞれに個別に適応した治療を行います。

 

多裂筋タイプ

主に腰を反らせた時に腰の中央部付近に詰まるよう痛みがでたり、同じ姿勢を続けた時の腰の痛みがでます。また痛みが出る側と反対側の物を取ろうと腰を捻った時に痛みがでます。

 

最長筋腸肋筋タイプ

腰を曲げたり反らせた時に痛みが出るタイプです。また後ろに振りかえる動きで痛みがでる事もあります。腰部で1番浅い部分の筋肉になるので、指で背骨の外側を押さえると痛みがあります。急性期の腰痛でも押すと痛みがある場合はこの筋肉が原因となってる事が多いです。

 

腰方形筋タイプ

慢性化している腰痛の方は悪くしている方が多いです。主に腰を横に曲げた時に痛みが出ます。また仰向けに寝た時に腰の外側が詰まったような感覚の痛みあります。

 

大腰筋タイプ

ぎっくり腰の際に主に原因となっている筋肉で、かがんだ状態から腰を伸ばす時に痛みます。また足を前にあげる動作でも痛みをだします。

ぎっくり腰になった方はこの筋肉が痙攣し前かがみになって歩けなくなり、またこの筋肉は横隔膜と接しているためくしゃみをした時に痛みがでます。

 

背骨から出た神経が足へ行く途中にこの筋肉を通っているため、足の痛みや、しびれ、の原因にもなります。この筋肉は北京堂浅野式の鍼を行う当院で最も多用する筋肉です。

 

腸腰靭帯タイプ

前に曲げる時 後ろに曲げる時、どの姿勢をとっても痛く、常に体を真っすぐにたもっていないと痛みがでます。

 

大きく分けるとこの5つのタイプ別れますが、この他にも慢性腰痛にかかわりの強い外腹斜筋・内複斜筋やお尻の筋肉である大腰筋、中殿筋、さらにもっと深部にある小殿筋、その他の筋肉などもその個別の症状に合わせて治療します。

 

浅い筋肉から当院の専門である深層筋の治療まで、長さ4cm~12.5cmの和鍼、中国針を使い分けて治療を行います。また患者様の体調や、鍼に不慣れな方に合わせて鍼の刺激量を鍼の太さと本数、鍼をして置いておく時間を調整して行います。

 

 

鍼で治せない腰痛として

骨折、感染症、悪性腫瘍、変性疾患などがあります。

 

変性疾患のうち腰椎椎間板ヘルニアは、ヘルニアが原因となって腰部や足の痛み、あるいはしびれがひき起こされてる場合と、深層筋によってひき起こされてる場合があるので、治療対象としております。筋肉はレントゲンやMRI検査に映らないため、ヘルニアではなく筋肉が原因となって痛みを引き起こされてることがとても多いです。

 

ヘルニアの場合、治るか治らないかは深層筋に鍼をして筋肉を緩めてみないと完全にはわからないので、症状変化がでるまで3、4回は鍼治療を受けていただく事をおすすめします。

筋肉が原因の場合は筋肉の中を通ってる血管や神経を固くなった筋肉が締め付けているため痛みが発生しているということで、それを緩めれば痛みはとれます。

 

腰部脊柱狭窄症においても、膀胱直腸障害を伴うなど重度の場合は、改善は難しいですが、腰の痛みや、間欠性跛行(しばらく歩くと足に痛みやしびれがでるが、少し休むとまた元通りに歩ける状態)、足の痛みしびれ等は改善できる事が多いので、治療いたします。

腰部脊柱管狭窄症の場合もヘルニアと同じく症状変化がでるまで3、4回は鍼治療を受けていただく事をおすすめします。

  

腰痛には先ほどの骨折・感染症・がん・変性疾患など、原因のはっきりしている特異的腰通と原因のはっきりしない非特異的腰痛があります。

特異的腰痛は全体の15%で、そのうち腰椎椎間板ヘルニアが5%、腰部脊柱管狭窄症が5%、脊椎圧迫骨折が4%、残りが1%です。

残りの85%が非特異的腰痛です。

 

当院で改善させる事ができるのは腰痛の85%をしめる非特異的腰痛と、画像検査で異常所見が認められても、それが腰痛の原因であるとは限りないため、特異的腰痛のうち腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といわれる腰痛です。

 

それゆえ腰痛の方には、他の治療で改善されなかった方も、深層筋を専門とする深治堂の鍼治療をおすすめします。